Tomoko Araki 荒木 友子   TOMOKO ARAKI

《プロフィール》

2000年  女子美術大学 芸術学部 工芸科 織専攻 修了

            インテリア商社にてテキスタイルデザイナーとして勤める

2003年   インテリア商社にてカーペット/テキスタイル/空間装飾 デザイナーとして勤める

2007年  ARAKI GALLERY 主宰 

            空間ART(ホテル/旅館/老人ホーム/マンション/個人邸  等)の提案/制作を始める

2008年  アクセサリーブランド TRY-ANGLE デザインプロデュース

2011年  WINE-BA GALLERY 企画運営  
《CONCEPT》
織物という、一見タテ≠ニヨコ≠ニいう制限の中で、既成概念に捕らわれず
無限の可能性を追求していきたいと思っております。テクスチャーを出す事で
立体的な深みを出し、表現の幅を広げ、その場の空気に共鳴しあえるもの、
観る人が作品によって自分と対峙する時間を持てるものを創作していきたいと
考えております。

I am going to pursue infinite possibility of the textile artwork
without ruled by fixed idea though there superficially is
“vertica/warp”and “horizontal/weft” restriction on the
textile. Making the best of the texture , tridimentional
impact can be realized and the possibility of the expression
can be expanded.  Iaim to create the artworks which
can be harmonized with the air in the space and which
make people dialogue with themselves